*

困ったときの賞状印刷

雑誌で紹介されていたり流行っていいるからといってブランドに弱い日本。見た目だけならまだしも考え方までマネしようとするから困ったもの。周りがそんな環境では個性が出しにくいのですが、手に届く範囲の物から違いを出してみるのはどうでしょうか。洋服、バック、靴は高いので手が出しにくいのですけど、普通は考えつかない賞状印刷はいかがなものですかね。だったら、違うものにお金を使え!と思うのでしょうが、現実はなかなか厳しいものなんですよね、やっぱり。出来栄えを見ると初めの評価はあてにならないと気づきますよ。少しのアイディアにお金を足せばいくらだって違いなんで生み出すことが出来るんですね。


コメントする